仕事が辛いは甘え?キツい11の原因・辞めたいあなたに送る20の解決策

  • 仕事が辛い・・・
  • 涙が出てくる
  • そろそろ退職したい・・・
  • 仕事のストレスがやばすぎる・・・

この記事を読んでいるあなたは、「仕事が辛いのにどうにもできない」という状況に陥っているはず。

仕事が辛くストレスが増えると、どの問題から対処すべきなのか、なにを始めるべきなのかがわからなくなってしまいます。

この記事では仕事が辛いと感じる11個の要因と、実践しておきたい効果的な20個の解決策を紹介します。

あなたの悩みのタネを特定することで、仕事の辛さを解決し、スッキリとした気持ちで過ごせるようになります。

5分でわかる 記事のまとめ
  • 原因を理解することで解決しやすくしよう
  • 仕事を辞める前には5つのことに注意しよう
  • 転職する時は3つのポイントを抑えて成功させよう

目次

1. 仕事が辛いのはあなたのせいではない!3つのアンケート調査から見る仕事とストレスの実態

この記事にたどり着いたあなたは仕事が辛いと感じているはず。

仕事が辛いと一人で悩んでしまったり、仕事が辛いのは甘えなのではないのかと自分を責めてしまいます。

ですが果たして、仕事が辛いことはあなただけが感じている異常なのでしょうか?

ここではアンケート調査によって判明した、仕事の辛さに関する実態を紹介していきます。

アンケート調査1. 転職でストレスが軽減される可能性がある

ミドルの転職は2307名を対象に、仕事におけるアンケート調査を行いました。

第37回アンケート集計結果「「仕事におけるストレス」について」|エン ミドルの転職

その結果、現職・前職において「ストレスをかなり強く感じる」「ストレスを強く感じる」と答えた人は、全体の69%でした。

それに対し転職した人のうち、転職時に「かなり強くストレスを感じた」「強くストレスを感じた」と答えた人はわずか38%。

したがって転職することであなたのストレスが軽減される可能性は十分にあるということです。

そのため仕事が辛いという理由で転職するのは全く間違ったことではないのです。

アンケート調査2. 仕事におけるストレスの最大要因は人間関係

エン・ジャパンは2,667名を対象に、仕事のストレスについてアンケート調査を行いました。

仕事のストレス、最大の原因は人間関係。『エン派遣』ユーザーアンケート集計結果を発表 | エン・ジャパン(en Japan)

その結果正規雇用では81%、非正規雇用では64%もの人が仕事でストレスを感じていることが判明しました。

またストレスの最大の原因は正規、非正規ともに人間関係となっています。

つまり、あなたが人間関係に不満を抱えていても珍しいことではないのです。

さらにこれだけの人が人間関係にストレスを感じるのなら、あなたがストレスを感じるのはあなたのせいではないと言えるでしょう。

アンケート調査3. 仕事をしている人の84%は働きたくないと思ったことがある

株式会社ビズヒッツによる仕事をしている人1000人を対象にしたアンケート調査を行いました。

仕事をしている人の84%は働きたくないと思う瞬間がある?1000人を対象にアンケート調査|Biz Hitsのプレスリリース

その結果84%もの人が「働きたくないと思ったことがある」と回答しました。

あなたのように、仕事が辛いと感じている人は大勢いるのです。

仕事を辛いと感じたり、逃げたいと感じてしまうのは決して甘えではないのです。

2. 仕事が辛いのが原因かも・・・ストレスで起きる4つの身体の異変

仕事が辛いときには体が重く感じたり、よくわからないだるさに襲われます。

そして体調不良があまりにも酷かったり、生活に影響を及ぼす場合、仕事を休んだり病院へ行くことを検討しなくてはいけません。

ここでは仕事の辛さからくる体調不良や体の変化について、通院したほうが良い4つの症状を解説します。

4つのうちどれかに当てはまる場合、病院で診察を受けるようにしてください。

異変その1. 睡眠効率が悪くなる

仕事が辛くなると心身に負担がかかり、不安や心配事など、ネガティブな感情が強くなります。

それにより入眠が難しくなったり、寝ている間もぐっすり眠れなくなってくるのです。

もしも睡眠効率の低下を実感しているのなら、それは仕事の辛さから来ているものかもしれません。

異変その2. 家を出るのにためらってしまう

  • 「心では出勤しようとしているのに」
  • 「体は出勤できるように準備しているのに」

といった症状がある場合、心か身体のどちらかが出勤を拒んでいることになります。

これはあなたの無意識が、「仕事に行ってはいけない」というサインを発しているということなのです。

そのため家を出る際に躊躇してしまうなら、心身にかなりの負担がかかっていると考えられます。

異変その3. 見に覚えのない身体の痛みが出る

人の体は物理的な怪我によってのみ痛みを生じるわけではありません。

  • 精神的疲労による体の痛み
  • 回復能力低下による身体ダメージの蓄積

などが精神的な要因からくる身体の痛みに挙げられます。

これらの痛みは見に覚えがなく、急に痛みだすのが特徴です。

したがって最近になって見に覚えのない体の痛みが増えた人は、仕事の辛さのために身体が悲鳴を上げている可能性を考慮しましょう。

異変その4. ちょっとしたことで落ち込んでしまう

ちょっとしたことで落ち込んでしまうようになる、というのは仕事の辛さからきている症状かもしれません。

  • 昔はそんな事なかったのに
  • 最近少し言われただけで落ち込む
  • ネガティブな感情がずっと渦巻いている

このように感じている原因は、仕事の辛さのために精神的に不安定になっているからかもしれないのです。

仕事のストレスで精神面が不安定になると、考える必要のないことや、普段は目につかないような細部まで気にしすぎてしまいます。

その結果いつもよりも精神的に病むようになったり、ちょっとしたことで傷ついてしまうのです。

3. 仕事が辛い時にやってはいけない4つのコト

仕事が辛く感じられてくると、不安や恐怖などが強くなってしまいます。

その結果本来やるべきでないことをしてしまったり、必要のない不安にとらわれてることも少なくないはず。

ここでは仕事が辛い時に絶対してはいけない4つのことをお伝えします。

3-1. 自分を責めること

仕事が辛いからといって、あなた自身を責めてはいけません。

人が対処できる問題には限界があり、今回はその問題が解決しきれないものだっただけのことです。

単に問題が大きすぎるだけで、決してあなたの責任ではありません。

そのため自分を責めてしまうようなことだけはしてはいけないのです。

3-2. 無理をしてしまうこと

仕事が辛いと感じるのは、「限界だ」という体や心のサインです。

そのサインを無視して頑張っても、限界を超えてしまい修復不可能な傷を負ってしまいます。

そうならないように、仕事が辛いと感じた時は素直に休んでください。

3-3. 直ぐに仕事をやめること

仕事がつらすぎて辞めたいと感じることはおかしくありません。

そのため場合によっては退職することも考えるべきです。

しかし退職の際は会社と円満に退職できないと、かえって違約金などを支払わされる可能性があるのです。

そのため会社に連絡せずに辞めたり、前もって報告せずいきなり退職の連絡をするのはやめましょう。

3-4. 聞き上手でない人に相談すること

聞き上手でない人に相談してしまうと、あなたのためになるどころか、更に辛くなってしまうだけだからです。

  • マウントを取ってくる人
  • 自分の話ばかりする人
  • あなたの気持ちを無視して話す人

などが相談してはいけない、聞き上手ではない人たち。

このような人たちには絶対相談しないようにしましょう。

また聞き上手な人が周りにいなければ、カウンセラーなどに相談してみてください。

4. 仕事が辛いと感じられる11コの原因

仕事が辛いと感じている人の多くは、仕事の辛さが一体どのようなことから生じているか理解できていません。

ストレスや不安は漠然としたまま抱えていても解決不可能です。

あなたのストレスや辛さがなぜ生じてるのかを明らかにすることで、今よりも仕事の辛さに対処しやすくなるはずです。

仕事の辛さを引き起こしている可能性がある11の要因について解説します。

原因1. 退屈だから

仕事が退屈だと働いても充実感を得られず、ただ働くだけというのが苦痛になってきます。

  • 仕事量が少ない
  • 仕事内容がつまらない
  • 自分の能力に見合った仕事がもらえない

などが要因として考えられます。

原因2. 怒られるから

怒られることが多いと精神的に弱ってしまったり、仕事のことを考えるだけでストレスがかかるようになります。

そのため最初は怒られることが嫌だったにもかかわらず、次第に仕事自体が辛く感じられるようになるのです。

原因3. 職場の環境が悪いから

職場環境はモチベーションや精神衛生に大きく影響します。

したがって給料の高さや社風、人間関係などが悪いと、次第に仕事場に行くのがおっくうになってしまいます。

その結果職場が嫌であるにも関わらず、その仕事自体が辛く感じるようになるのです。

原因4. 職場の設備が悪いから

職場の設備が悪いことで、仕事中の能率は大きく低下します。

さらに仕事場での気分の悪さを身体が覚えることで、次第に仕事場へ行くのが辛くなります。

  • 匂いが臭い
  • トイレが汚い
  • 空調が壊れている
  • デスク周りが古すぎる

などが具体例としてあげられます。

原因5. 周囲の人が無能だから

周囲の人が無能であると、あなたの能力を存分に発揮できません。

また能力を発揮したとしても、周囲の人に足を引っ張られてしまいます。

そのため思ったようにいかず、仕事が辛く感じられてしまうのです。

原因6. 申し訳無さを感じるから

申し訳無さを感じていることで、仕事中にビクビクしてしまったり、暗い気持ちで仕事をすることになります。

すると仕事自体がどんどん辛いものになってしまいます。

  • よく怒られる
  • 失敗が多い
  • ヘコみやすい

といった人によく挙げられる原因です。

原因7. プレッシャーが大きいから

ストレスやプレッシャーというのは人を駆り立てるために、ほどよくあるべきものです。

しかしあまりにも大きなプレッシャーがかかると、やる気よりも恐怖や不安が勝ってしまいます。

その結果思ったように仕事ができなかったり、精神的に不安定なままで仕事をしなくてはいけなくなります。

そのため仕事に対して「辛いものだ」という認識が強まっていくのです。

原因8. ハラスメントを受けるから

大抵の場合、上司から後輩に対してハラスメントが行われます。

そのためハラスメントを受けている人は、被害を告発したり、直接相手に辞めてほしいと伝えるのが難しくなります。

  • パワーハラスメント
  • セクシャルハラスメント
  • アルコール・ハラスメント

などが職場におけるハラスメントとしてよく挙げられます。

原因9. 職場の人間関係が悪いから

職場の人間関係はやる気や能率を考える上で非常に重要です。

人間関係が良ければ、相談や連絡なども気兼ねなくできるため、精神面だけでなく、能力面でもポジティブな影響が出ます。

しかし人間関係が悪いと、誰かに何かを話すことすら難しくなり、相談や連絡をすることさえも辛くなります。

したがってあなたの職場の人間関係が悪いのなら、それが辛さの原因となっているかもしれません。

原因10. 今の仕事では将来が不安だから

今の仕事を続けることで将来的な安泰が得られない場合、常に不安を抱えたまま仕事をすることになります。

そのため仕事に集中できなかったり、転職すべきかどうかなどで悩み続けてしまいます。

もし仕事が辛いと感じているのなら、現在の仕事を続けることに不安があるからなのかもしれません。

原因11. 挫折や失敗から立ち直れずにいるから

挫折や失敗から立ち直れずにいると、精神的に不安定な状態が続きます。

そして不安定な状態で仕事をすると失敗してしまうため、傷口が治る前にさらなるダメージを負ってしまうのです。

その結果全く立ち直ることができずに、仕事が辛いまま働かなくてはいけなくなるのです。

5. 仕事が辛い時に実践しておきたい20コの解決策

仕事が辛いと感じてしまうと、なかなか解決に動き出すことができません。

ストレスなどで悩んでしまったり、なにをやるべきかがわからなくなってしまうのです。

ここでは仕事が辛いのに解決策がわからない、という人に向けて、実践しておきたい20個の解決策を紹介します。

解決策がはっきりしていることで、仕事の辛さを解消するための行動に移しやすくなるはずです。

解決策1. 副業を始める

副業を始めることで現在の仕事以外に収入源ができます。

それにより将来への不安や給与面での不満などが解消されるのです。

仕事が辛いと感じた時はリフレッシュや気分転換も兼ねて、「別に打ち込むもの」として副業を始めても良いかもしれません。

また今の職場の人たちを見返す動機でがむしゃらに熱中するのも良いでしょう。

解決策2. 恋愛をしてみる

恋愛をしてみることで仕事の辛さが緩和される可能性があります。

恋愛をすることでセロトニンと呼ばれる幸福ホルモンが分泌され、体に幸福感を行き渡らせてくれるのです。

また恋人などができればストレス発散になったり、日頃の悩みが吹き飛ぶかもしれません。

解決策3. 転職先を決める

転職先を決めてしまえば精神的に余裕ができます。

そのため、「どうせもうすぐ辞めるんだ」「何かあっても辞められるんだ」という気持ちで仕事に望めます。

いつでも辞められる、という精神状態での仕事はストレスを軽減してくれるのです。

解決策4. 失敗を割り切る

失敗した時に落ち込んだり、自己批判したりしても、気分が悪くなるだけです。

したがって失敗した時は、ただ何か問題が生じただけなのだ、と割り切るようにしましょう。

問題は問題として割り切ることで、気分が落ち込むことなく対処できるようになります。

そのため仕事が辛い時は、失敗をしても落ち込まずに割り切っていくようにしてください。

解決策5. 集中力を高めるトレーニングを行う

仕事が辛い時は落ち込みがちで、不安や恐怖などのために注意力も散漫になりがちです。

そして注意力の散漫さがさらなる失敗を招いてしまう可能性があります。

そのため仕事が辛い時は、マインドフルネス(瞑想)などを利用して、できるだけ集中力を高めるようにしましょう。

解決策6. 仕事を最適化する

最適化というのは、物事に関するムダを省くことを言います。

したがって日々行っている仕事の手順を書き出して、無駄を省いてみましょう。

そして無駄が省かれた仕事の手順を覚えることで、あなたの業務が最適化されます。

仕事を最適化してしまえば、失敗してしまったり、難しいと感じることが大幅に減少します。

そのため仕事が辛いときこそ、楽をできるように仕事を最適化してみてください。

解決策7. 今の仕事を辞める

ハードルが高いかもしれませんが、そもそも仕事をやめてしまえば、ストレスの原因がなくなってしまいます。

そのため辛い思いをする必要はなくなるのです。

ただし注意してほしいのが、「仕事の辛さの原因が仕事ではない場合」です。

元来のネガティブ思考などが原因の場合は、仕事をやめても解決しない可能性があるので安易に辞めないようにしましょう。

解決策8. 優先順位をつける

やるべきことに優先順位をつけることのメリットは3つです。

  1. 迷わず行動できる
  2. 問題を客観的に理解できる
  3. 感情的な問題ではなく行動で解決可能なものとして捉えられる

つまり仕事が辛いときには、業務やあなたがやるべきことに優先順位をつけてみるとで効率よく解決できるようになります。

解決策9. 物事を客観的に捉える

物事を客観的に捉えることで、感情的になる機会が減ります。

また課題などが感情的なものではなく、行動によって解決できるものなのだと理解できます。

そのため仕事が辛く感じられたときには、辛いと思うことや抱えている問題に対して、客観的な視点で捉えるよう意識しましょう。

解決策10. 理想の自分を思い描く

仕事が辛い時は、理想の自分を思い描くことで問題に対処しましょう。

理想の自分を思い描くことでやる気が出たり、スムーズな課題解決ができるかもしれません。

具体的には2通りのやり方があります。

  1. 理想の自分ならどう対処するか考える
  2. 理想とする人物ならどう対処するなら考える

1つは理想のあなた自身ならばどう対処するかという考えた方です。

もう1つはあなたが理想とする人物ならば、どう問題に対処するか、という考え方です。

もしも仕事が辛いと感じられて上手く対処できていないのなら、理想の人になりきって対処してみてください。

解決策11. 聞き上手な人に相談する

聞き上手な人はあなたの中にあるモヤモヤや、あなたが抱えている問題の解決策を、上手に整理してくれます。

またあなた自身も聞き上手な人に話すことで、気持ちが楽になるかもしれません。

そのため仕事が辛いときには、聞き上手だとあなたが考えている人に相談してみると良いでしょう。

解決策12. 成長マインドセット(考え方)を持つ

人には大きく分けて2つの考え方をしている人がいます。

1つは「証明マインドセット」と呼ばれる、他者中心の考え方を持っている人です。

証明マインドセットでは失敗を恐れ、他者の目ばかりを気にすることになります。

しかしもう1つのマインドセットである「成長マインドセット」と呼ばれる思考法では、失敗を恐れる必要がなくなるのです。

成長マインドセットでは、失敗や壁などは乗り越えるもの、自身の成長のためにあるものなのだと捉えられます。

したがって失敗したとしても人の目を気にしすぎたり、自分を責めてしまうようなことがなくなっていくはずです。

そのため仕事が辛いと感じている人は、証明マインドセットを持ってしまっていないか考えてみましょう。

知っておきたい2つの考え方
  • 証明マインドセット → 物事は他者の評価で決まると考える
  • 成長マインドセット → 全ての事が自分の成長のためだと考える

解決策13. 趣味で目一杯ストレスを発散する

趣味でストレスを発散することで、仕事の辛さや暗い気分を忘れることができます。

また精神状態が安定した時に問題を考えれば、ネガティブな思考が働くことなく客観的に対処できる可能性が高まります。

そのため仕事が辛く感じられているときには、趣味でストレスを目一杯発散するようにしてみてください。

解決策14. 上司や周囲の人を取り込む

仕事が辛い原因が仕事場でのストレスならば、周りの人たちを味方につけることでスムーズに解決できる可能性があります。

職場の何かが原因で仕事が辛いと感じている時は、上司や周りの人たちを味方につけられないか試してみましょう。

解決策15. 心身ともにリラックスさせる

仕事が立て込んだり忙しい日々を送っていると、ついつい心身ともにダメージを受けがちです。

さらに心身のダメージを無視した状態で忙しい日々を送ることになるため、気づいた時にボロボロになっている可能性があります。

そのため仕事が辛いという人は、一度しっかりと時間をかけて心身をリラックスさせるようにしましょう。

解決策16. ストレスをすべて書き出してみる

あなたが抱えている全てのストレスを書き出すことで、頭の中にあるモヤモヤが整理されます。

さらに問題の優先順位がひと目で分かるようになるため、問題への対処もしやすくなります。

そのため仕事が辛いと感じているときには、あなたの中にあるストレスを全て書き出しみましょう。

解決策17. ご褒美にかける時間や費用を増やす

あなたのご褒美に費やす時間や費用を増やすことで、より贅沢なご褒美を堪能することができます。

またご褒美が良いものになればなるほど、頑張っている時のやる気も高まります。

さらに良い報酬を得ることで幸福感を得られ、抱えているストレスも軽減されるのです。

したがって仕事が辛いと感じている人は、ご褒美にかける時間や費用を増やすよう心がけてください。

解決策18. 仕事は辛いということを受け入れる

仕事が楽しいと感じている人はわずかで、仕事は辛いと感じている人がほとんどです。

そのためあなたも仕事は辛いものなのだということを受け入れ、その上でどうしていくかを考えましょう。

仕事の辛さを否定せずに、どうすれば楽になるか、どうすれば辛いことでも対処できるか、といった視点で対処していきましょう。

解決策19. 他人の評価を気にしすぎないようにする

仕事を辛いと感じている人の多くは、他人の評価を気にしすぎていることから辛さが生じています。

  • 怒られないか心配
  • 失敗したら申し訳ない

など、評価の軸が他人にあるため、いちいち他人の顔を伺って行動しなくてはいけません。

他人の評価を気にしている限り、仕事の辛さから解放されることはありえません。

そのため仕事が辛いのなら、他人の評価を気にせずにあなたの中に軸をおいて行動するようにしましょう。

解決策20. 病院の診察やカウンセリングなどを受ける

考え方や行動のみで辛さが解決されない場合、あなたは病気を患っているかもしれません。

仕事の辛さが病気に由来している場合、病院で治療してもらわなければ解決不可能です。

したがってあまりにも仕事がつらかったり、辛い期間が長過ぎる場合には、病院の診察を受けてみましょう。

またカウンセラーに相談してみるのも良い手段です。

6. 仕事を辞める前に確認しておくべき5つのポイント!

仕事が辛いと感じている人の中には、仕事を辞めようと考えている人も少なくないはず。

しかし仕事を辞める前に確認しておくべきことを知らなければ、後々重大な問題に発展してしまいます。

そのため仕事を辞める前に知っておくべき重要な5つのことについて、ここで解説します。

ポイント1. 退職理由を明確にしておく

退職理由が明確でなければ、仕事を円満退職できなかったり、上司などに納得してもらえない可能性があります。

そのため退職理由を何にするか、今やめなくてはならない理由なのかを、退職前に確認しておきましょう。

ポイント2. 仕事の引き継ぎ連絡を行っておく

仕事の引き継ぎ連絡がなければ、会社側や周囲の人達に大きな迷惑をかけてしまいます。

また迷惑の度合いによっては法的措置を講じられてしまう可能性もあります。

そのため事前に辞めることを伝えておき、あなたの仕事を確実に引き継いでから退職しましょう。

ポイント3. 就業規則で退職時の注意を確認する

どのような会社であっても就業規則という会社内での規則が定められています。

そして退職時にはこの就業規則に則って退職の手続きをすることになるのです。

しかし就業規則を確認しないで急に退職するのは大きな迷惑をかけるだけでなく、訴えられるリスクがあります。

そのため事前に就業規則を確認しておき、書かれている規則に則ったやり方で退職してください。

ポイント4. 消化していない有給休暇を使い切る

まだ消化しきれていない有給休暇があれば、有給を利用して好きなことを楽しんだり、転職活動などに利用可能です。

したがって仕事をやめたいと思っても、その前に有給休暇の確認は行ってください。

そして消化されていない有給休暇を利用して、退職前に目一杯有意義な時間を使ってしまいましょう。

ポイント5. 退職を申し出る時間を確実に確保する

退職を申し出るタイミングがなければ、どれだけ退職したいと思っていても先延ばしすることになります。

そのため退職を申し出るタイミングに関して、4つのことを予め来ておきましょう。

  1. 誰に伝えるか
  2. いつ伝えるか
  3. どのような言葉で伝えるか
  4. 正式な退職手続きはいつするか

これら4つのことを先に決めておくことで、退職の伝達から退職までがスムーズに進みます。

7. 辛くない適職を見つけるためすべき3つのコト!

仕事が辛いと感じている人が転職する場合、今度こそあなたにあった職場と仕事を見つけなくてはなりません。

そのためここでは、あなたに適した職場と仕事を見つけるためにやっておくべき3つのことを紹介します。

正しい転職活動を行うことで、転職に失敗してしまうリスクを大幅に減らせるはずです。

7-1. 自己分析を行う

あなたにとってベストな職場の条件が理解できれば、転職活動や就職活動がしやすくなるからです。

そのためあなたにとっての理想の職場、あなたにとってストレスのたまらない職場を明確化しましょう。

自己分析には自己分析ツールや、適職診断などのツールを使うと簡単に診断できます。

仕事が辛くて転職する前に!無料で適職診断を受けられる6つのサイト!

7-2. 転職エージェントを利用する

転職エージェントは転職サポートのプロ集団です。

したがってあなたの転職時には、あなたにとっての適職や向いている職場などを考慮してくれます。

つまり転職エージェントを利用すれば、自己分析や企業を調べる手間などが省けるだけでなく、あなたにあった職業や職場も見つかるのです。

7-3. 企業の情報を予め調べておく

仕事選びに失敗する理由の一つとして、情報不足が挙げられます。

情報が事前にあれば、多角的な視点からあなたに合っているかどうかを検討できます。

しかし情報が不足していると、本当に合った仕事なのかどうかを調べようがありません。

したがってあなたに合っている仕事や職場を見つけたいのなら、企業の情報収集を念入りに行いましょう。

8. 仕事が辛くて転職する前に!無料で適職診断を受けられる6つのサイト

転職するために適職診断や自己分析を行うためには、できるだけ複数の分析や診断を受けるべきです。

一つの診断結果では正しい結果が出なかったり、偏った結果になってしまう可能性があるからです。

そのためここではできるだけ複数の適職診断や自己分析ができるように、6つの適職診断を紹介します。

サイト1. 適職診断NAVI

適職診断NAVI(無料)| 自分の適職を把握しよう

適職診断に会員登録が必要なサイトも多い中、適職診断NAVIは数分で解答から結果発表までを完了できます。

ただし問題数が少ないため、正確さは他の診断サイトに劣る可能性があります。

適職診断NAVIの特徴
  • 登録無しでできる
  • 数分で終わらせられる
  • 問題数が少ないので正確さは微妙

適職診断NAVI(無料)| 自分の適職を把握しよう

サイト2. リクナビ:適職診断

リクナビ適職診断の最大の特徴は手軽さです。

登録不要な上、誰でも1分程度で診断を受けられます。

リクナビ適職診断の特徴
  • 数分で終わる
  • 性格分析が中心
  • 登録無しでできる
  • 問題数が少ないの正確さに欠ける

3分間!適職診断/リクナビNEXT[転職サイト]

サイト3. マイナビ:ジョブリシャス

マイナビの適職診断では、あなたのパーソナリティをデイグラムと呼ばれる心理分析によって明らかにします。

デイグラムによって明らかになったあなたの心理的特徴から適職を提示してれるのが、このマイナビジョブリシャスです。

マイナビジョブリシャスの特徴
  • 登録不要
  • 性格分析が中心
  • 性格に応じた仕事がわかる
  • 適職の分析結果としては正確さに欠ける

適職診断 ‐適職をディグる!ジョブリシャス診断‐ | 適職診断はマイナビ転職

サイト4. Doda:キャリアタイプ診断

このキャリアタイプ診断では、大きく分けて5つの項目を診断してくれます。

  • A. 性格・気質傾向
  • B. 能力傾向
  • C. 行動基準
  • D. 向いている仕事のスタイル
  • E. 向いている社風

したがってあなたの性格だけでなく、仕事の際の能力や、得手不得手なども明らかにしてくるのです。

その上で適職や向いている職場を診断してくれるため、もっとも正確で有用な診断結果であると言えます。

ただし登録が必要な点や、問題数の多さから疲れが出てしまうというマイナスポイントも否めません。

Dodaキャリアタイプ診断の特徴
  • 登録が必要
  • 問題が多いので10分以上かかる
  • 正確さと有用性はトップクラス
  • Dodaで転職活動する際に活かせる
  • 性格面、仕事面、考え方について明らかにしてくれる

ICQキャリアタイプ診断 | 転職ならdoda(デューダ)

サイト5. リクナビ:グッドポイント診断

グッドポイント診断では全18個の人の強みのうち、あなたの中でのトップ5はどのような強みなのかを教えてくれます。

強みを理解することで仕事で結果を出せるようになったり、自己肯定感を高めることもできます。

したがってグッドポイント診断を転職の際の職場選びに活用することで、あなたの長所が生かせる職場を選べる可能性が高まるのです。

リクナビグッドポイント診断の特徴
  • 登録が必要
  • 問題数は多い
  • 良いところだけ教えてくれる
  • 自己分析のみ
  • 直接的な適職診断はなし

グッドポイント診断 | 転職なら【リクナビNEXT】

サイト6. キャリアインデックス:適職診断

キャリアインデックスの適職診断は、登録不要、数分で終えられるほど簡単です。

しかしながら、性格、能力、求めている職場、といった3つの基準で診断を行ってくれるため、転職時の十分な参考になります。

キャリアインデックス適職診断の特徴
  • 登録不要で簡単
  • あなたの求めているものがわかる
  • 問題数が少ないので正確さは微妙
  • あなたの長所と欠点を教えてくれる

適職診断(無料) | 転職なら【キャリアインデックス】

まとめ|あなたのストレス要因を書き出してみよう

仕事が辛いと頭が混乱してしまって、ついつい考えるべきことややるべきことが手につかなくなります。

そのためまずは解決すべき問題を特定できるように、ストレスとなっている要因を明らかにすることです。

「抱えているストレスを考えるのも辛い」

という場合には、よくあるストレス要因のうちどれに当てはまるかをチェックしていきましょう。

ストレスの要因が明確になったら、今度は解決策を考えてみましょう。

解決策について考えるのが難しい場合は、20個の実践的解決策の中から解決策を選びましょう。

多すぎると行動が難しくなるため、まずは絶対にやっておきたいことを3つだけ選んで行動してみてください。

仕事が辛い時は何も考えられず、何も上手くいかないと感じてるかもしれません。

しかし原因と解決策さえわかってしまえば、行動するだけで世界は変わります。

この記事を読んだあなたが、仕事の辛さから一日も早く解放されることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です