高卒ヤンキーがインターンで変わる?怪しい不安を乗り超えた先で得れる宝

「人生を再出発させたい」

「自分でも変われるだろうか」

期待と不安の2つの感情が入り混じった状況ではないでしょうか?

中卒・高卒に対する世間の視線は厳しいのが現状。

大学を卒業していないだけで、就職の選択肢すら狭まれてしまいます。

しかし、悩んでいた皆さんも安心してください。

人生を再出発することは可能です。

とはいえ、なぜか「再出発できる」と言い切れるのかと疑う人も多いはず。

この記事では、中卒・高卒でも変われる理由を様々な観点からお伝えします。

読み進めていただければ、「自信」「変わるために持つべき心構え」などを知ることができるでしょう。

1.ヤンキーがインターン?一歩踏み出すきっかけになる場

中卒・高卒特化のインターンは「職・食・住」を無料提供し、地方の若者に対して選択肢を広げるきっかけを与えています。

また、インターンの研修で行う営業については、報酬として給与も支払われます。

さらに食費も支給されるなど、インターンに集中できる環境が揃っているのが特徴的。

1-1.インターン期間は半年間

期間は、半年間。東京でシェアハウスを行い、様々な年代の仲間・経営者・社会人と出会う機会があります。

地元では味わえなかった刺激が得れるため、あっという間の半年間になること間違いないです。

1-2.インターン後の就職率

インターン後、参加者がどのような進路に進むかどうかは気になるところ。

大きく分けて4つに分けられます。

  1. 就職する人
  2. 大学に進学する人
  3. 先生を目指す人
  4. 起業する人

1-2-1.就職する人

中卒・高卒特化のインターンを行った後、連携している複数の企業に面接することが可能です。

そのため、インターンで経験を積んだあと、面接を受け、提携先の企業に内定をもらい就職する人がほとんど。

1-2-2.大学に進学する人

今までの環境では進学を諦める選択肢しか見つけられなかった若者も多い。

しかし、インターンを通して新たな価値観に触れ、自分自身に可能性を見出すことも増えます。

だから、地元にいた頃は勉強が嫌という理由で進学をしていなくとも、インターンに来たことで大学にいく理由が見つかり、進学する場合もあります。

また、中卒・高卒特化のインターンに参加する若者は10代の年齢が若い人も多いです。

そのため、インターンを通して、進学のために勉強して大学を狙うことは不可能ではないのです。

1-2-3.先生を目指す人

中卒・高卒特化のインターンを通して、自分も同じような境遇の若者を救いたいという想いが湧き出てくる人もいます。

将来の夢ができるぐらい、濃い経験ができるインターン内容になっているでしょう。

1-2-4.起業する人

中卒・高卒特化のインターンでは、小手先のスキルだけでなく、志教育という「働く意義」などの新しい切り口から、社会を知る機会が。

また、実際の経営者の講義を受けれる機会があるなど、普段味わえない刺激的な経験が豊富です。

そのため、自分自身も「起業をしたい」と志す人も一定数います。

1-3.インターンの面接はなし

合否を決める面接はなく、テレビ電話で面談のみを行います。

チャンスが平等に与えられることは中卒・高卒特化のインターンの特徴です。

1-4.人生が180度変わるインターン内容

(1)経営者直伝!ためになる講座

経営者を招き、実際にお話を聞く機会が得れます。

地元でいた時では出会えなかった人と出会い、刺激を受ける若者が多いです。

「今まで、地元の友だちや両親が言っていたことと全然違う。価値観がひっくり返された」と感じるインターン生がほとんど。

そのため、講義を通してマインドセットが行われ、働くについて、未来に対してのイメージが大きく変わることは間違いないでしょう。

(2)営業スキル取得

営業スキルは、社会人として必須のスキルです。

営業は、人間としての土台形成であったり、生きる上で汎用できるポイントが多いスキル。

そのため、取得して損するものではないため、機会を得れることはチャンスに繋がるでしょう。

(3)マネジメント経験

インターンも終盤に差し掛かると、マネジメント機会が手に入ることもあります。

マネジメントは、簡単にいうと「一緒に働くメンバーのモチベーションや目標の進行具合などを管理すること」です。

中卒・高卒特化のインターンでは、営業成績が良いインターン生は、仲間のマネジメントをする機会が得れます。

これをすることにより、周りを巻き込む力、チームで目標を達成するためにはどうすればいいかなどを学ぶことができます。

そのため、営業としてのプレイヤーでは見えなかった視点も手に入るため、成長角度も上がっていくでしょう。

2.インターンに参加するヤンキーの特徴

「中卒・高卒特化のインターンには、どんな人が参加するの?」

不安な感情を抱きながら、一歩踏み出したからこそ、一緒に切磋琢磨する仲間がどんな人かは気になるはず。

では、実際どのような人が参加するのでしょうか?

2-1.インターン男女比は8:2

男女比に関しては、男性が8割と高めです。理由としては、インターン後に紹介される職種に関して「営業職」が多いから。

営業は、泥臭い・しんどい・メンタルが折られるなど、きついイメージが強く、女性受けしないのが現状。

そのため、営業以外を希望する女性はなかなか参加に踏み切れず、男性が多くなっています。

2-2.インターン参加年齢は17〜24歳

参加年齢は、比較的幅広いです。参加する若者の経歴や抱えている背景も様々。

そのため、多くの人の価値観に触れることが可能。

今まで、地元で一定の人との関わりしかなかった人からすると、刺激的な毎日を送れるでしょう。

2-3.インターン参加の最終学歴は中卒・高卒

そもそも、インターンに参加できる人の条件として、「中卒・高卒」と決まっています。

理由は、創業者の信念として地元しか見ていない若者に対して、見る世界を広げ、選択肢を与え、「変わるきっかけの場」を提供したいという考えがあるから。

「中卒・高卒でも変われるんだ!」「イケているんだ!」と受け入れてもらえる環境があることは安心感にも繋がるでしょう。

境遇が似ている人同士、かつみんな「変わりたい」という共通の想いを持っている環境です。

そのため、みんなで頑張れる環境は用意されているでしょう。

3.ヤンキーがインターンに参加する目的【BEST3】

インターンに参加する目的は、様々。全国各地、年齢や背景も違う人が一つの場所に集まります。

そのため各々、いろんな想いや感情を持ちインターンに望んでいます。

では、インターンに参加するヤンキーはどのような目的で参加する人が多いのでしょうか?

1位.人生やり直したい

参加するヤンキーは、中卒・高卒出身です。そのため、卒業後に学校から薦められた工場や大工仕事など、限られた選択肢しか知らない人が多い。

だからこそ、大卒の友達が就職する22歳頃のタイミングで「自分はこのままでいいのか」「このままこの仕事を続けてワクワクするのか」と考え始めます。

そして、焦りの感情が湧いてきたタイミングで「このままでは嫌だ」「もっと楽しい人生を送りたい」と人生を再出発したいと感じ、インターンに参加することが多いです。

2位.もっと成長したい

「自分の能力をもっと上げたい」「力をつけたい」「稼ぎたい」という感情から、参加する人が多いです。

今の地元での生活では、物足りなさを感じるから。

そのため、新しい場所、新しい人との出会いから心機一転して成長したいと思い参加します。

実際、インターンの環境は刺激的なことが多く、参加者のほとんどが「愛ある仲間に出会えて幸せ」と語っているため、参加すると一回り、二回りも成長できること間違いないでしょう。

3位.スーツを着る仕事がしたい

インターンに参加するヤンキーの特徴として、スーツを着る仕事をしていない傾向が高いです。

インターンに興味を持つヤンキーは、憧れの一つとして「スーツ」があるよう。

スーツを着てバシっと身なりを整えて仕事をするチャンスを掴むために、インターンに参加する人もいます。

実際、就職先も営業職が多く、スーツを着る場面が多い企業がほとんど。

そのため、ニーズとぴったりマッチするため、「スーツ」というキーワードで興味を持ち、参加してくれる人も多いです。

BEST3を見る限り、共通することは1つ。

「ポジティブな気持ち」で参加する人が多いということ。

みな、「やり直したい!」「成長したい!」「スーツ着たい」のように前向きな感情を持って参加しています。

4.インターンに失敗するヤンキーの特徴2選

中卒・高卒特化のインターンの研修内容は、楽しいことだけでなく、もちろんしんどさを感じる面もあります。

営業の中で一番メンタルに来ると言われている「テレアポ営業」を行うから。

一日130件の電話は泥臭く、つらい気持ちになることも多いです。

しかし、無理に参加を継続させたり強要させることはありません。

そのため、半年後の卒業を迎える前に地元に帰ることも可能のため、卒業せずに途中で帰ってしまう人も一定数います。

では、どのような人がドロップアウトしてしまうのでしょうか?

4-1.根性がない人

研修内容を見る限り、「根性」は必須です。

「なにがなんでもやってやる!」という強い気持ちがないと途中で折れてしまうことが多いから。

参加している人は、「変わりたい」という強い気持ちを持っている人が多いため、生半可の気持ちで参加すると、周りとの温度差に窮屈になる可能性も。

周りに影響され、自分の気持ちにも火がつくタイプであれば一緒に継続して頑張れると思いますが、冷めてしまう人であるとしんどくなるでしょう。

4-2.中途半端な気持ちで参加した人

何事も「本気」でないと、物事は成し遂げることはできません。

つまり「東京にいけば人生変わる」というような簡単な話ではないということ。

参加している若者は、卒業後は笑顔で振り返っているが、みんな研修中の辛いことを乗り越えています。

そのため、「本気で挑戦したい」「本気で変わりたい」と思っていない人は、理想と現実のGAPに苦しみ、ドロップアウトの危険性が高まります。

結局は、自分次第なのです。

研修内容がしんどいからこそ、変わりたいという強い気持ちが必要。

失敗しないためにも、「なんのためにするか」は考えておくとよいでしょう。

5.【企業も大注目!】インターンに参加するヤンキーは需要あり!

中卒・高卒特化のインターンが人生を変えるきっかけになることはイメージができたかと思います。

とはいえ、世間からヤンキーは受け入れられるのかな?などと心配になることも多いはず。

企業から求められていないと意味ないですもんね。

結論から申し上げると、企業側はヤンキーを求めています

では、どのような部分を評価しているのかを説明していきましょう。

5-1.企業が注目するポイントは「ガッツ」

企業は、「ガッツ」がある人を好む傾向に。

インターン参加者は、「変わりたい!」という強い想いで参加しているため、

前向きな姿勢・ハングリー精神を強く感じることが出来ます。

企業は熱量のある若者にエネルギーを感じるため、成長意欲の高い若者は評価されます。

5-2.営業職募集の企業からの内定が多い

中卒・高卒特化のインターンでは研修として実際にテレアポ業務に取り組むため、ストレス耐性があると企業は感じれます。

ほとんどの人は、テレアポなどの根性が必要な仕事を嫌う傾向にあるため、この泥臭い仕事に向き合えるという時点で、他の人と「差」をつけることが可能に。

営業職を募集している企業は、ガッツのある若者を重宝します。

暗い営業マンと明るく勢いのある営業マンがいたら、間違いなく後者から買いたいと思いますよね。

営業は、「熱意」「意欲」が必須のため、研修で2つを手に入れた中卒・高卒特化のインターン出身者は、企業から確実に求められるでしょう。

まとめ.人生変えるなら今!ヤンキーでも道は拓かれる!

ヤンキーでも自分次第で変われます。

「ノーリスクハイリターン」のため、迷う時間は正直もったいないです。

不安な気持ちはあると思うが、覚悟を決めたのであれば動くことがおすすめ。

決めた時点であなたは、成長しているから。

皆さんの未来に、ワクワクがふってきますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です